May 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【制作日誌】いよいよ大詰め。最近目にするもの何でも校正モードで見ています。 #cpbook



トルツメ、イキ、カイギョウ、ソロエル、モジカンツメル・・・

いよいよカメピブック「誰がなんと言おうと大好きな写真2」の発売まで、
あと半月ほどとなってきました。
カメピスタッフはただいま第2稿、第3稿と何度も写真や文字を見直す、
「校正」といわれる作業に追われています。

さきほどあげた「トルツメ」や「イキ」は、この校正作業で文章や単語で
間違いがないか赤ペンを使ってチェックをする「赤入れ」という作業で
多く使用される校正用語。編集者の方にとってはお馴染みかと思います。
そして本づくりをしたことのある方にとって、この校正ほど悩ませる
作業はなかなか他にないのでは?



以前、カメピブログの「誰がなんと言おうと大好きな写真2」制作日誌で
6月25日掲載【制作日誌】君は「一人」じゃない!「ひとり」なんだ!
お話ししましたが、この文章チェックというのがなかなか難しい。

例えば写真に添えられる言葉のなかでも、
「1人」「独り」「ひとり」では少し意味が変わります。
明らかな誤字脱字は修正することはあっても、
書き手の意味を探りながら文章をチェックするのです。

最近では、日本語の文章を校正してくれるWebサイトもあるとか!



●日本語文章構成ツール
http://www.japaneseproofreader.com/

文章の問題点をワンクリックで簡単チェック
文章に言葉の間違いや不適切な表現が含まれていないか調べます。最終チェック時のあら探しに最適なツールです。公開前・納品前の校正作業にお役立てください。ブログの編集画面からのチェックや、IE8では画面上で範囲選択した文字列のチェックも可能です。

実際に変な文章を入力してみると、確かに指摘してくれる!
すっげー!やったぜ加トちゃん!
これがあれば校正作業もカンタンに・・・はいきません。
「誰がなんと言おうと大好きな写真2」の場合、
言葉のニュアンスを読み取るのが大事で、それを見て判断するのは
やっぱり人間なのです。

そんなわけで、毎日何度も何度もスタッフが何人も何人も
ローテーションを組みながらチェックして、
校正作業を行い、だんだんと入稿(印刷所にデータを渡すこと)に
近づいていくのです。

・・・まだまだつづきます。



スポンサーサイト

pagetop